« 500 クーペ ザガート | トップページ | 東北・関東大地震 »

2011年3月 6日 (日)

アルファロメオ 4C コンセプト 詳細

先日も書いたアルファロメオ 4C コンセプト について明らかになった

ことを踏まえて詳しく検証する。(今だ興奮覚めやらず・・・)

 
 
Alfa Romeo 4C Concept

1

まず一番最初に触れたいことはこの魅力的なクルマが2012年に

市販を明言されていることです!

本当のところ、実際に出るまでは信用なりませんが8Cを例外と

すればSZ以来アルフェスタが渇望していた後輪駆動、カッコイイ

魅力的なデザイン、現代の車としてはスーパーライトウェイトな

スポーツカーとくれば価格しだいでかなりの人気となるでしょう。

エリーゼのローンがまだ6年分も残っていますが無理してなんとか

したくなります。(笑)

 

次に心を揺さぶられるのがその身体的スペックで、乾燥重量850

kg以下!、全長4m以下、ホイールベース2.4m以下とアナウンス

される軽さ、小ささは何よりも魅力的ですね。
 
そして軽いシャーシはカーボンのセンタストラクチャーにアルミの

前後サブフレームとなっておりスペチアーレなみのスペック!

KTMのX-BOWのカーボンシャーシを流用するとされる記事が多い

ですが4Cのドア開口部の写真を見るとX-BOWのような高いシル

ではなく、せいぜいエリーゼくらいのシル高となっており、どうも

まんま使っているわけではなさそう。

シートの感じなどはX-BOWとの関連性が見受けられるので、

X-BOWのシャーシを開発したイタリアのダラーラと4C用のシャーシ

を新たに設計し直したのではないかと想像する。

  

軽くする為カーボンやアルミを多用すると一般には手に届かない

価格となってしまうが最近カーボン構造体の製造に革新があった

ようで急に採用するクルマも増えてきているので劇的にコストが

下がることを期待してます。

 

エンジンは1750cc直列4気筒直噴ターボで200~235ps、パワー

ウェイトレシオ4kg以下、前後重量配分40:60、前ダブルウィッシュ

ボーン、後マクファーソンストラット、デュアルクラッチのアルファ

TCT、総合制御システムのアルファD・N・Aを搭載とアナウンスされる。

 

魅力的で格好良いデザインは社内のチェントロ・スティーレで全体的

には8Cコンペッツォーネのを受け継いでいるが更に複雑で洗礼され

た面の表情を持つようだ。

また、8Cほどはレトロでもない。

良く見るとサイドのエアインテーク、サイドウィンドグラフィック、

テールのデザイン、エンジンカバー等にTipo33ストラダーレから

の引用が見て取れる。

3

2

うーん、それにしてもイイ! 次期エリーゼは1.1tほどになると

言われているし、もし4Cがこのスペックで出てくれば歓迎される

のは間違いないだろう。

あとは、なんとか手の届く価格を期待してます・・・。

 

|

« 500 クーペ ザガート | トップページ | 東北・関東大地震 »

アルファロメオ Alfa Romeo」カテゴリの記事

アルファロメオ4C Alfa Romeo 4C」カテゴリの記事

コメント

凄いの出てきましたね!
生産モデルは価格と重量のせめぎ合いに
なりそうですね(笑)、それにしても
楽しみです!!

投稿: 僕エリ | 2011年3月 6日 (日) 17時05分

写真では、デザインの良さが分かりにくいのですが、実車は不思議なオーラが出ているのでしょう。
それよりも、小さく軽いボディに興味がそそられます。
スポーツカーはやはりブカブカではダメですよ。その意味で魅力的ですね。
あとは価格ですが、ポルシェのボクスター並みの値段だと売れそうな気がしますがどうでしょう。
スポーツカーはアメリカで売れなければ商業的に失敗となりますので。

投稿: ジャンニ | 2011年3月 6日 (日) 18時50分

僕エリさん、こんばんは。

その後、ご自身&エリの調子が心配ですがいかがでしょうか?

それにしても寝耳に水といった感じで我々のような人間には楽しみなクルマの登場ですね!

巷で言われているような価格ではあのスペックは無理なのでは?と心配ですがなんとか重量を堅持しながら出来るだけ価格を抑えて欲しいです。

投稿: porco | 2011年3月 7日 (月) 00時26分

ジャンニさん、こんばんは。

エリーゼもそうですが、この手のクルマって限られた寸法にスポーツカーの要素を詰め込むので写真で見るとずんぐりだったり、広角レンズで撮ると妙に鼻先だけ強調されたりするのですが実物はかなり良いと思います。
何しろ小さく低いディメンションそのものがインパクトと格好良さをもたらしてくれるでしょう。

価格はイタリアで500万円前後との推測がされてますがあのスペックを見るとちょっと無理だと・・・(汗)
現実には700~900位になるのでしょうか。
1750ccのクルマに1千万のプライスじゃ売れんでしょう・・・。
そういう意味では魅力的なクルマですがスーパーカーとは違い、価格が成功の絶対条件でしょうね。

投稿: porco | 2011年3月 7日 (月) 00時38分

何度見ても格好良いですね、4C。
とにかく軽く仕上がりそうな事、そして、市販が明言されていることが嬉しいですね。

そして、やっぱり価格が気になります。
スペックを考えるとどうなんでしょう?

でも、何より早く実車を見てみたいですね。

投稿: ま ろ | 2011年3月 7日 (月) 23時07分

まろさん、そうですよね!
エリーゼと同様ドライブするのがものすごく楽しいクルマになっていると思います。
この手のスポーツカー好きにはワクワク、ウズウズたまりませんねー。
ある意味すごいスーパーカーが発表されるよりも世界に感嘆を巻き起こしたのではないでしょうか?

ふんだんに使われたカーボンやアルミを考えるとかなりの価格になってしまうと思うのですが、あえてライトウェイトスーツとして出してきたからにはある程度の量産を見込んで戦略的な価格を提示してくれることを期待してます。

投稿: porco | 2011年3月 8日 (火) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511189/51043744

この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ 4C コンセプト 詳細:

« 500 クーペ ザガート | トップページ | 東北・関東大地震 »