« アルファロメオ NEW ジュリエッタ 試乗インプレ その3 | トップページ | フィアットが500のMPV版 FIAT 500Lを公開 »

2012年2月 4日 (土)

アルファロメオ NEW ジュリエッタ 試乗インプレ その4

まずはジュリエッタの印象は高剛性でかなり引き締まった足と

それなのに不快なバタツキの無い良好な乗り心地でした。

これは新しいリアのマルチリンクと軽量高剛性なシャーシの

恩恵ですね。

ではハンドリングはどうか? これがクイックイッ曲がる!

MiToのハンドリングも素直でスポーティ、思ったとおりに曲がって

くれて尚且つ楽しいと非常に良く出来てますがジュリエッタは

更に限界が高そう(16インチのスプリントでも)なうえ、あの

アルファらしい曲がりたがるというか車がかってに曲がって

くれる感覚が宿ってる。shine

しかも、今度は高いレベルまで破綻しなそうな感じだ。

(攻めこんだ訳ではないのであくまで感じ取れるということです。)

とにかくイタリア車に期待する楽しいハンドリングです。happy01

これも新しく開発された電動パワステが一役かってるでしょうが

電動アシストで感じる極小舵角時の不快な反力や保舵中のひき

ずりなどは抑えられていて走行時のアシスト量も控えめで適度

な重さがあり自分には好ましいもの。

 

エンジンの印象は我がMiToイモ子(IMOLAエディション)と

排気量は同等ながら、マルチエアなので下からのトルクが

たっぷりしていて速い! これで十分なものをもってる。

しかも出たてのMIToクワドリフォリオベルデに乗った時より

マルチエアがより上までまわる感じがした。happy02

排気音が大人しめだったマルチエアも今度のはFIRA系に

似てた感じで音でもスポーティさが増してる。

 

そしてTCT。

これもMiToクワドリの時に比べ進化した印象だった。

スムーズさも増して良い感じだがコンフォート性はゴルフなど

に任せておけば良いのだが(笑)やはりアルファならスポーツ

性で、他のデュアルクラッチロボダイズドMTと違う乾式の

TCTだが、そのスポーティな感触を増したように思う。

セレスピードのクセを嫌がる人もいるでしょうがあれは操り方

を覚えるとすごくスポーティーで自分は好きでした。

最初TCTはスムーズになったがセレのスポーティーさが薄れ

た感じがしましたがジュリエッタのTCTはそこが良くなって

自分ではすごくリズミカルに楽しく操れました。happy01

(ロボダイズドミッションはMTで使うのが基本と思う。)

34

今回の試乗の中で少し不満だったのがブレーキ。

効きはじゅうぶんだとは思うのですが効き始めが甘く、踏み

増したり速度が落ちてきた時にグワッと制動力が立ち上がる

日本車に多いフィーリングに似てコントロールしずらいもの。

これは普段乗っているMiToイモ子がブレンボの4ポッドを

フロントに奢っているので相対的に悪く感じてしまうのですが

それほどMiTo(IMOLA)のフィーリングは良いです。

最初からガツッときて後は微妙な踏力でコントロールでき、

効きもすばらしい。ダストと鳴きはすごいですが・・・。coldsweats01

この点に関しては試乗車が片持キャリパーのスプリントだった

のでコンペティッツォーネ以上の車種(ブレンボ装備)を選べば

解決すると思います。

(試乗後聞いた話ではスプリントにはついに国産車と同じよう

なダストが出にくいパッドが採用されているそうです・・・)

少し長くなりましたが以上ざっと感じたファーストインプレでした。

 

そうそう、シフトノブ交換のときに紹介したMiToの車内エロランプ

ですが、しっかりジュリエッタにも装備されてました!catface

26

更に後方にある三つのセンサーらしきものはオートエアコン用

でしょうか? 確認するの忘れてました。

 

センターコンソール前方には小さな小物入れ、サイドブレーキ

脇には2つ分のカップホルダーがあり、その後方に上げ下げ

可能なアームレストが備わります。

25

 

右ハンのMTのペダルですが配置は良く操作は問題なくMiTo

よりもヒール&トゥはしやすいようですが左足を休めるフット

レストのスペースがありません。

28

これは構造上右ハン仕様では仕方ないそうです。

ペダル配置が良いだけに惜しい点ですが、無理にスペースを

作ってペダル配置を壊すよりましかもしれません。sad

左ハンドルではフットレストも装備されてるそうです。

 

リアのスペースは広大ではありませんが必要十分だと思います。

乗り降りのアクセスがことのほか良好だったのでびっくり。

29

頭上も写真では狭く感じますが意外にへいきでした。

31

トランクスペースも自分の感覚では広く十分なもの。

開口部の高さもMiToより7cmほど低く(自己計測)なったよう。

32

トランクにはランプの横に12vアクセサリ電源付き。

33

|

« アルファロメオ NEW ジュリエッタ 試乗インプレ その3 | トップページ | フィアットが500のMPV版 FIAT 500Lを公開 »

アルファロメオ Alfa Romeo」カテゴリの記事

コメント

かなり、そそられますね。買うなら白かなぁ。

投稿: ジャンニ | 2012年2月 5日 (日) 01時31分

ジュリエッタ 試乗インプレ、堪能させていただきました。

良さそうですねー、ジュリエッタ。
高剛性で引き締まった足なのに、バタツキが無いというのは良いですね。
早く試乗してみたくなってきました。

147と比べると当然、MiToと比べても
かなり進化してそうですね。
とにかく近いうちにディーラーに足を運んでみたいと思います!

投稿: ま ろ | 2012年2月 5日 (日) 11時46分

ジャンニさん、こんにちは。

ジュリエッタは一目で欲しくなるというよりも、乗ってから「あぁ、確かに危機感を持ってまじめに、且つアルファらしく一生懸命に造られた車だなぁ。」となってそそられますね。

実際嫁さんが気に入ってまして、困ります。(笑)

投稿: porco | 2012年2月 5日 (日) 13時16分

まろさん、こんにちは。

ジュリエッタは良かったです。
走りも良く、色気があり、高級感もありアルファにふさわしい出来だと思いますよ。

是非早く試乗して楽しんでいただきたいとです。
出来れば少し長時間、ある程度の距離を試せると良いですよね。
買えなくてもこうして試乗するのは本当にワクワクさせてくれますね。

投稿: porco | 2012年2月 5日 (日) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511189/53903070

この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ NEW ジュリエッタ 試乗インプレ その4:

« アルファロメオ NEW ジュリエッタ 試乗インプレ その3 | トップページ | フィアットが500のMPV版 FIAT 500Lを公開 »