« MiTo クワドリフォリオベルデ サベルトリミテッドエディションの印象 | トップページ | MiTo クワドリフォリオベルデ サベルトリミテッドエディションの印象 その3 »

2012年7月22日 (日)

MiTo クワドリフォリオベルデ サベルトリミテッドエディションの印象 その2

前回足回りの印象を自分が所有していたイモラリミテッドや
何度か試乗した初期のQV(クワドリフォリオベルデ)と比較
してみましたがもう少しそのあたりをからめながら書きます。

我が Alfa Romeo MiTo Quadrifoglio verde
Sabelt Limited Edition
106
最も小さいアルファロメオとして147の下に設けられたMiTo(ミト)
はプントアバルトのシャーシをベースにしていますが、登場したて
の時点でもアルファロメオとしての上質かつスポーティーな乗り
味じを構築し差別化を成功させ初のエントリーモデルながら
りっぱなアルファロメオだと思いますが時折顔をのぞかせるリアの
バタツキ感が気になるオーナー諸氏もいるのでは。

147では長いパラレルリンクを持つストラットの独立式でその
あたりの不満は出ませんがMiToのトーションビームだと不利は
否めず、全体のセッティングとしては先輩の156, 147を上回れる
出来でありながら惜しいところでありました。

しかしQV登場で大きく改善され今回最新モデルを手にした印象
では前回書いたように更に上を目指した跡を感じました。
もはや流用したシャーシの面影は去り完全にアルファ技術者の
目指すものをものにしたようです。

とにかくイモラやそのベースの1.4T Sportに見られたサスの周波数
の山と路面の起伏の山がぶつかり合うようなバタツキ感がなくなり
路面の波にサスの周波数が沿うようになりました!
しかも柔らかいのでなく、ちょー硬いままで落ち着きを得ており
自分のように硬いスポーツ足が好みの者にとってはクルマとの
一体感を思う存分味わえるようになり嬉しいですね。
初期のQVの時はバタツキは抑えられたが大人しすぎか?と思い
ましたが最新のQVは高級感とともにちょっと凄いものに乗ってる感
じの特別感がありスポーツカーとしての側面も今まで以上です。
ジュリエッタの乗り味に近づいた上にヤンチャな面はそれ以上なの
で元気大好きアルフェスタにはとても良いクルマになってますよ!

そしてサベルト リミテッドエディションの目玉であるサベルト製
カーボンシェルセミバケットシートも特別感やクルマとの一体感に
一役買っています。
まず座った瞬間に感じるシートの剛性感、そして硬い座面や背面
なのに走ったときの座り心地の良さ、そして体を支えてくれる安心
感が素晴らしくとにかく良いシートです。
座面や背もたれにアルカンターラを使用。
101
背もたれ角度調整用ダイヤルにアルファロメオのエンブレムが
あしらわれていて高級感とかっこよさを演出。
102
103
背もたれにはニ脚でエンブレムになる刺繍が施される。
104
レース専用シートでは無いので万人に合うように腰まわりのサポート
は余裕を持たせてありますが、かえって普段使いにはそれぐらいが
ちょうど良いので自分には不満になりません。
このシートの効果は良い物感以上に路面からのインフォメーション
やクルマとの一体感が格段に増すことです!

カーボンシェルではありませんが500アバルトやプントアバルトに
同様のサベルトシートがありますがそのカタログではノーマルシート
比マイナス10Kg(一脚)とあり軽量化も嬉しいところ。
MiTo用サベルトシート(カーボンシェル)はオプション設定されていな
いので価格は不明(グラスファイバーのアバルト用は表皮の仕様で
異なりますがだいたいニ脚で26万~36万くらい)ですがレールも
入れると40万くらいでしょうか。

サベルト リミテッドエディションは通常のQVとの価格差やジュリエッ
タとの兼ね合いを考えるともっと差別化がしてあってもいいじゃない
かと思う人もいるでしょうがこのシートがオプションで選べない以上、
MiToが好きであればシートだけのために購入しても間違いじゃない
かもしれません。(50台限定なのであまり残ってないかも。)
http://jp.alfaromeo-jp.com/mito/sabelt/


続く・・・。

|

« MiTo クワドリフォリオベルデ サベルトリミテッドエディションの印象 | トップページ | MiTo クワドリフォリオベルデ サベルトリミテッドエディションの印象 その3 »

アルファロメオ ミト Alfa Romeo MiTo」カテゴリの記事

コメント

うーん、MiToも熟成が進んできてる感じですねぇ。
硬いままのちょっとヤンチャな味は残したまま、バタツキが無くなったというのは、MiTo QVのキャラクターにも合っていると思いますし、良い方向でセッティングも煮詰められていますね。

サベルト製カーボンシェルセミバケットシートも格好良いです、ホント。
クルマとの一体感が増すというのは良いですね。

投稿: ま ろ | 2012年7月25日 (水) 23時46分

もともとMiToの足はスポーティーで楽しく、かつ高級感のあるものでなかなかのものなのですが路面の凸凹が早い周波数のときにバタツクことがあるのです。
現在のMiToはその部分も見事に煮詰められていてすごく良くなってます。

このシートは良いですね、走ると更に良さがわかるものだったので満足感が高いです。サベルトの他の製品を見てもすごく品質が高いのでやはりたいしたメーカーなのでしょう。

投稿: porco | 2012年7月26日 (木) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511189/55252598

この記事へのトラックバック一覧です: MiTo クワドリフォリオベルデ サベルトリミテッドエディションの印象 その2:

« MiTo クワドリフォリオベルデ サベルトリミテッドエディションの印象 | トップページ | MiTo クワドリフォリオベルデ サベルトリミテッドエディションの印象 その3 »