« 新型コペンを試乗 | トップページ | ミト アルミ製エアコンルーバーリング & カーボン調ガーニッシュ »

2014年7月 6日 (日)

ミト リヤゲート用レザーストラップ

MiToに跨るご同胞達も多くが交換している(と思う)リヤゲート
のストラップを我がMiTo2号サベルトLtdエディションも交換した。

MiToはアルファロメオのエントリーモデルなので走りに直結する
所以外、たとえば今回のリヤゲートストラップのようなところは
少々しょぼい。(下の写真は純正の状態)
39

で、アルファらしくちょっぴりお洒落させるべくブラック社製(イ
タリア)のレザーストラップを購入した。
38

まずはリヤゲートの内張りを留めている樹脂クリップを外す。
クリップリムーバー(内装はずし)があれば使った方が良い。
かなりしっかり留まっているのであわてずじっくり浮かせていく。
クリップがある程度浮いたら内張りにリムーバーを差し入れて
内張りごと外しても良い。
40

内張りがある程度外せたら純正ストラップを留めている六角
穴着きボックスボルト(矢印)を六角レンチなどで外す。
できれば小さいラチェットハンドルに六角ソケットレンチを
取り付けて作業した方がかなり楽である。
41

左が外した純正ストラップ。
右が今回取り付けたブラック社製レザーストラップ。
42

純正品からボルトを外しブラック社製レザーストラップを挟み
元のようにリヤゲートへ取り付ける。
このとき内張りを通さなければならないのだが、ブラック社製
のものは純正より厚みも幅も大きいので幅方向だけでも
内張りの穴をカッターで少し広げておくと通しやすい。

あとは元通り内張りをクリップで留めて完成。
交換後はこんな感じ。
43
44
純正より圧倒的に見た目、質感とも良くなった。
大きくしっかりしているので使い勝手も向上した。
それほど大変な作業ではないがここで紹介したくらいの工具
は用意した方がスムーズに行くと思います。
純正からボルトを抜くのにハトメごと回ってしまうので少々
手間取ったところが今回のポイントかな。 以上

|

« 新型コペンを試乗 | トップページ | ミト アルミ製エアコンルーバーリング & カーボン調ガーニッシュ »

アルファロメオ Alfa Romeo」カテゴリの記事

アルファロメオ ミト Alfa Romeo MiTo」カテゴリの記事

モディファイ/DIY/点検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コペンを試乗 | トップページ | ミト アルミ製エアコンルーバーリング & カーボン調ガーニッシュ »