« タイヤが届きました。 | トップページ | MiTo 現役続行? »

2015年9月12日 (土)

MiTo 2号 のタイヤ交換

本日MiTo 2号(QV サベルト・エディション)初めてのタイヤ交換を
行いました。

交換前のブリジストン・ポテンザRE050の状態
(新車時からの装着で3年2ヶ月、約29,500km走行)
Dscn3344
今日最終的に確認したら上の写真より更につるつるになっていて
もう溝はほとんど無くなりトレッド面のコンパウンドもカチカチで
部分的には剥離も起こしてきていました。

まぁ、限界まで使ったと思います。
実はもう少し長く使えるのではと思ってましたが持ちませんでした。

このポテンザRE050はグリップは良く、シャープなハンドリングを
もたらしてくれましたが引き換えに路面からの入力直後の突き上
げや、極短い周波数の振動がダイレクトに伝わる性格がMiToの
セッティングに若干マッチングが良くないと感じていて今回は別
ブランドのチョイスとなりました。

新しく入れ替えたピレリ・P-ZERO NERO
Dsc_0813
このタイヤもRE050同様ハイグリップ系のスポーツタイプで
サイドウォールが硬いほうですが、ショルダーが角張ったRE050と
違い丸みのあるショルダー形状となっており多少の突き上げ軽減
を期待。

まだ短距離でのインプレッションだが記憶にある当初のRE050の
印象と比べると、まず期待通り突き上げ感や振動の当たりが
まろやかになり、跳ねる感じも抑えられている。
タイヤ自体の剛性感はRE050と変わらない感じだ。
反面、若干シャープさが劣る感じがするのと路面との走行音が
これも若干大きく感じられる。

(後日、新品時のヒゲ(スピュー?)もなくなってきた時点で路面
との摩擦音が落ち着きRE050同等となった。トレッド面もなじみ
軽快なハンドリングと当たりの丸い印象だ。)

できればRE050よりも長く持ってくれる事を期待しつつ、これから
距離が伸びてトレッド面がなじんで来たときどう変化するか気に
しながら走ろうと思っている。

今回タイヤ交換にかかった費用
ピレリ P-ZERO NERO 215/45R/18 ・・・ 1本 16,600円
                          合計 66,400円

交換工賃(持ち込み) ・・・・・・・・・・・・・・ 4本 10,800円

持ち込み料        ・・・・・・・・・・・・・・     5,000円
総費用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 合計 82,200円

ショールームには500の120台限定車ビンテージが展示してあった。
FIAT 500 VINTAGE
Dsc_0812
Dsc_0809
ミントブルー?なボディカラーにルーフがホワイト、これまた
特徴的なレトロデザインのホワイトホイール、前後とホイール
のエンブレムは古いFIATエンブレムのロゴとなっています。
これも街中では目立つでしょうね。

|

« タイヤが届きました。 | トップページ | MiTo 現役続行? »

アルファロメオ ミト Alfa Romeo MiTo」カテゴリの記事

モディファイ/DIY/点検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイヤが届きました。 | トップページ | MiTo 現役続行? »