« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

第44回東京モーターショー マツダ RX-VISION について

いよいよ開催の第44回東京モーターショー。

しばらくはそこで筆者が気になったクルマを話題にします。

まずはロータリーエンジン復活か?と注目され、とてもカッコイイ
とそのデザインが話題のマツダ RX-VISION について。

ボディデザインは確かにカッコイイスポーツカーになってます。
古典的で典型的なFRスポーツカーのそれで力強さよりも
美しさを重視した感じのデザイナーが筆を走らせれば必ず
描ける基本中の基本といった出来です。
Rxc02
とてもカッコイイし最近のマツダデザインは評価も高いがゆえ
当方がいつも気になることを今回も少し触れます。
16f3c32442a940bba4089a5ce8fbb3c020
Rxc01
P02my136
RX-VISIONも他ブランドのスタイルとの近似が気になります。
特にアストンマーティンからのディテール引用、その他
マセラティやアルファロメオなどからの影響も強く感じてしまいます。
Rxc05
Mase2
Alfa_3
Alfa_2
うーん、マツダのデザイン力は確かに上がり評価されているの
だからこそ惜しいと思ってしまうのです、いつもここで書いている
オリジナリティに関して。
今感じられるイタリアンデザイン的なもの、ヨーロッパ的なものを
一度すべて捨てて全く反対の方向を模索して見て欲しいです。
そうすれば美しいけどそれほどすごいデザインでもないと
本場の人たちに言わせないオリジナルなものをつかめるのでは?

Rxc06
サイドの面とリヤスタイルは最後のRX-7であるFD3Sをどことなく
感じさせるものとなってます。
ただFDの方が良かったなぁ、1925mmも幅があれば難が消せてしまうから。

インテリア
Rxc04
ちなみにインテリアはヂュエットタンタに似てますね。
Alfa_1

ロータリーエンジン復活についてはどうでしょうね。
多様性を認めたいから復活して欲しいけど、環境に対する
規制はこれからもどんどん厳しくなるので難しいかもしれません。

個人的にはスポーツカーの心臓はレシプロの方が良いです。
理由はトルクの出方、レスポンス、回転落ちの速さ、振動などです。

確かに小さく重心が低い利点は大いに認めてますが、GT的な
高級なスペシャティカー、もしくはレースカーには良いです。

ともかく東京モーターショーで早く見たいですね!

| | コメント (2)

2015年10月25日 (日)

久しぶりに漫画の聖地を走りに訪れました。

週末の土曜日に漫画「頭文字(イニシャル)D」の聖地、「秋名山」こと
榛名山まで会社の後輩と走りに行ってきました。
Dsc_1101
榛名を走るのは大変久しぶりできっかけはクルマとクルマでの
走りに目覚めた若い後輩が「イニDの聖地に走りに行きたいです」
との希望をもらしたのでそれなら久しぶりに一緒に走ってみるか、
となったわけです。

例のスタート地点にて
Dsc_1059
Dsc_1061
後輩の愛車は白い現行DJ型デミオXDツーリングパッケージ6速MT

Dsc_1109
峠の中腹、高根展望台からの眺望。 すでに紅葉が進んでいます。
Dsc_1114
Dsc_1119
秋の榛名山はいいですねー、天気も良くて来て良かった!
Dsc_1094
劇中なつきとのデートの背景にもされる榛名富士と榛名湖
Dsc_1124
豆腐の納入先?のレイクサイドホテル
Dsc_1127
お昼は湖畔の食堂にてワカサギ南蛮定食を頂きました。(写真なし)

記念に後輩のデミオと並べて
Dsc_1145
Dsc_1149
Dsc_1155
もはやマツダはアルファロメオの兄弟のよう・・・。

もう山は秋から冬への変化を感じさせます。
Dsc_1133
Dsc_1165
紅葉の紅葉や光り輝くススキの穂が美しく、心穏やかに。
Dsc_1174
あー、来て本当に良かった。 気持ちが洗われました。

と、まぁのんびりムードでお伝えしましたが「秋名」のコースを
ヒルクライム、ダウンヒル共に数本繰り返しそうとう攻めて
走ってみことは・・・ムフッ。(^-^;

もっと走りこんで4Cを更に手足のごとく操れるようにしていきたい
ですね。

おまけ:お土産のニシャルDミルクキャラメル(藤原とうふ店のAE86)
とチュコレートクランチ(高橋啓介のFD3S)
Dscn3425

| | コメント (0)

2015年10月14日 (水)

NEW アルファロメオ ジュリア プロモーションフィルム

Alfa Romeo New Giulia Quadrifoglio




New ジュリア クワドリフォリオはニュルブルクリンクサーキットの
ノルドコースにおいて量産セダンとしては最速の7分39秒を記録
したそう。

この手の車種でベンチマーク的存在である現行M4(クーペ)を9秒
上回り、スーパースポーツの一部を食うタイムだ。

速いだけでなく、きっと走らせて面白いクルマであると思います。

| | コメント (0)

2015年10月11日 (日)

本日欠席しました。 ~愛知トリッコローレ~

今日は未明から午前中いっぱいの天候が雨模様でしたので
参加予定だった愛知トリコローレをキャンセルすことにしました。
残念!(´・ω・`)ショボーン

遠くからの参加なのでやはり雨だとなにかと楽しめないかなと・・・
またの機会に参加できればと思います。

| | コメント (2)

2015年10月 9日 (金)

富士トリコローレ 2015 参加

週頭の日曜日にイタリア車の祭典、富士トリコローレに参加。
Dsc_0952
Dsc_0953
このイベントには初めての参加だったが当日は素晴らしい天気
に恵まれて気持ちの良い楽しい一日だった。
Dsc_0954
今回は息子と二人、4Cで参加した。
息子と二人だけのクルマイベントへの参加は初めてだったが
彼の感想はともかく(楽しかったと言ってくれてはいる)、
筆者自身はとても楽しかった。
Dsc_0978
息子の今回のお気に入りと。

Dsc_1015
オーナーの色に染まった多くのイタリア車を見るだけでもとても
楽しいのだが、年初の「カーくるターンパイクサンデー」で出合った
ビアンコさんやそのお仲間、またずーと以前雑誌ティーポ企画の
イタリアくるまツアーで友達になり最近会っていなかった友人との
再会など思いがけない出会いなどがあって本当に良かった。
Dsc_1027
紹介したいクルマも多かったけれど、また11日には愛知トリコ
ローレにも参加する予定なので今回は控えておく。
Dsc_1038
Dsc_0968
最後にいよいよ自分の手足感覚が出てきた4Cのドライブは
至高の喜びであった。

| | コメント (2)

2015年10月 1日 (木)

レクサスLF-LCの市販版テスト車両他

以前トヨタがモーターショーで発表したレクサスブランドの
プレミアムスポーツクーペコンセプト「LF-LC」の市販版が
ついに公道テストを行っているようで写真に捕らえられた。

Lexuslflc5
Lexuslflc_01
Lexuslflc_02
Lexuslflc_03
メルセデスSクーペやBMW6シリーズにならうレクサスブランドの
高級クーペがラインナップされる日は近いようだ。

ただ、コンセプトモデルのLF-LCはエキゾチックカー(スーパー
カー)ばりのアピアランスをだったが、この手の高級クーペを
あまりスポーツカー寄りにすると失敗すると思う。

過激なクルマが欲しければスーパーカーを買えてしまう富裕層は
このジャンルにはラクシュリーを強く求めるだろうからこのクルマ
がどこまでそういうセンスや雰囲気をまとえるかだと思う。

どうやらマツダも東京モータショーでまたしてもアルファロメオチック
な、高級なクーペもしくはスポーツカーのコンセプトを発表するようだ。
国産勢も景気が良くなってきたのかなぁ?

MAZDA SPORTS COMCEPT
Mazda_concept

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »