« 第44回東京モーターショー マツダ RX-VISION について | トップページ | 第44回東京モーターショー に行ってきました。 その2 »

2015年11月 2日 (月)

第44回東京モーターショー に行ってきました。 その1

現在開催中の第44回東京モーターショーを見るため家族を連れて
東京ビックサイトへ行ってきました。
Dsc_1286
良く晴れた日曜日とあってまずまず盛況でしたがやはり過去の
勢いに溢れていた東京ショーは当分返っては来ないのかも
知れないな・・と感じたのも事実でした。

では前回エントリーで上げたマツダのRX-VISION 同様、
今回気になったいくつかのクルマを話のネタにします。

まず、トヨタの小型FRスポーツカーのコンセプト S-FR です。
Dsc_1688
当初トヨタのエントリースポーツカーとして期待された86が実質
250万円以上の価格となり失望した人に対し今度こそ懐が寒い
であろう若者向けにと企画したスポーツカーコンセプト。

86は良いスポーツカーだが、本来安価なスポーツカーというのは
既存のパーツを寄せ集めてお気軽に構築するべきが86のときは
気合が入りすぎてしまった。
しかしこのS-FRはそれなりにゆるく構築されたはずでそこは
支持できるが、それでも見えるところは専用品が多く見え、
十分にコストを下げれてはいない可能性もありプロジェクトが
破棄されたとの噂も聞こえてくる。
Dsc_1681
ショーで確実にわかるのは見てくれぐらいだがかわいらしくも
スポーティーなデザインで魅力はあるけれどやっぱりこれも
MINIやアルファのあれやこれやを継ぎ足したような印象を感じ
てしまうもの。 ヴィッツのクーペみたいな感じで良いのに・・・。

尚、エントリースポーツはいざと言うとき4人乗れることも若者の
一台持ちを考えると重要でこのS-FRも後席が用意されるよう。
6c3fea8d19
資料によると上図のように乗れる様だが一部では後ろの人の
足がドライバーの体内にめり込んでるじゃん!と話題に。(笑)

このS-FR、ショー会場での周りの反応を観察した結果かなり
好評のようだ。  やはり安価なスポーツカーを望む層はいて
走る楽しさを広めてくれる役割が期待されるクルマです。
もしかすると反響次第で市販もありえるかも知れぬ。

続く

|

« 第44回東京モーターショー マツダ RX-VISION について | トップページ | 第44回東京モーターショー に行ってきました。 その2 »

クルマのイベント」カテゴリの記事

クルマの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第44回東京モーターショー マツダ RX-VISION について | トップページ | 第44回東京モーターショー に行ってきました。 その2 »