« 奥多摩ドライブ | トップページ | 北米ロサンゼルス・オートショーで ジュリア QVの価格を発表 »

2015年11月 8日 (日)

第44回東京モーターショー に行ってきました。 その4

東京モーターショーで気になった車の感想の続き。

TOYOTA MIRAI
Dsc_1566
斬新なのは確かで現時点では評価が難しいです。
ただやはりこのくるまも実物はでかい!
エンジンがなく水素で発電しモーターで動くと言うクリーンな
イメージがかえって車体だけ見るとエンジンないのに?えっ
ムダにでかい!的な印象になるのかフロントからリヤまで
圧巻の迫力。

まぁ、今後小型化されていくものと思われます。

次は今回のモーターショーで自分的に最も興味を引かれた
コンセプトカー、ヤマハのSPORTS RIDE CONCEPT です。
Dsc_1295
Dsc_1322
Dsc_1316
これは良かったですね。
自分好みとはいえ今回のベスト・オブ・コンセプトカー賞です。

とはいえ、これもRX-VISIONと同様良く観察するとドンガラだけの
オブジェのようで実際の機能はもっていないようです。

開発に携わったヤマハの人に実現の可能性を質問したところ
やはりまだ構想段階でまずこれの前に2020年頃までに発売する
ゴードンマーレー設計のMOTIV(モティブ)を成功させなければ
その後はないとのこと。
(SPORTS RIDE CONCEPTはマーレー氏のデザインではない)

パガーニなどに影響されたと思われるインテリアデザインも
素敵でとても好みです。 ヤマハのバイクや楽器の技術も生かされ
ているように思える凝った作りがいいですね。
Dsc_1335

続く

|

« 奥多摩ドライブ | トップページ | 北米ロサンゼルス・オートショーで ジュリア QVの価格を発表 »

クルマのイベント」カテゴリの記事

クルマの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥多摩ドライブ | トップページ | 北米ロサンゼルス・オートショーで ジュリア QVの価格を発表 »