« ル・マン24時間耐久レース2016 GTEクラス | トップページ | ビショーネちゃんを飼増し »

2016年7月 8日 (金)

アルファロメオ MiTo 2号 4年目の12ヶ月定期点検

いよいよ夏本番の暑さとなって毎日バテぎみ・・・。
皆様においてはいかがお過ごしでしょうか?

そんなおり、いまや日本のザ・スポーツカーとして広く認識されるに
至ったトヨタ86 & スバルBRZが大幅改良され8月から発売との事。
86は何度も試乗させてもらってますが改良なった新型も機会が
あれば試乗したいですね。

改良の細かい内容は置いといて、このニュースで一番自分の興味を
ひいたのは「スポーツカー復権」、「若者に乗ってもらいたい」
「車離れの進む若者に振り向いてもらいたい」といった内容が躍って
いたこと。

自分は小学生のときからスポーツカーに夢中になり実際にずっと
乗り続けていますがそれでもトヨタ等、メーカーの思惑通り若い人
がこぞって買いに走るとは思えません・・・。

今はクルマ以外に夢中になるコンテンツが増えて相対的にクルマの
地位が下がっているし、スポーツカーを楽しむ文化的な面に関して
無関心だった日本のメーカーの責任は重く、下心通りには行かない
だろうと思う。

ヨーロッパでも趣味の多様化で若者のクルマへの関心が薄らいで
いると言うがそれでも動画サイトを見るとスポーツカー、スーパー
カーをカメラやスマホを持って追いかけている光景が多くある。

日本ではクルマやスポーツカーが好きな若者は少ないが確かに
いるし、なんと言っても国産のスポーツカーは価格が手ごろだ。
ことさら数と利益を追うばかりでなく地道に文化的な面をサポート
してクルマ好きの火を絶やさず少しづつ理解を広げる啓蒙を
御願いしたいです。

自分も微力ながらブログでクルマの魅力を訴えます。

さて、先週の土日で MiTo 2号(QVサベルトエディション)を12ヶ月
定期点検に出しました。
Dsc_3030
今回も特に問題箇所は無く、通常メニューに加え長く交換していな
かったトランスミッションオイル及びエアコン用フィルタとバッテリー
の電流・電圧が落ちてきてアイドリングストップ機能がカットされ
始めたので思い切ってバッテリーも交換しました。

バッテリーは経験からまだ半年は持つと確信していましたが弱って
いるのは確かで、万が一出先で突然上がってしまうのもいやかなと
思い購入以来4年での交換となりました。

内容、費用については以下の通り。

・走行距離 36,301km

・12ヶ月法定点検一式及びテスター検診    ・・・\18,000
・グリスやバンドなどのショートパーツ       ・・・\  2,500
・ギヤオイル交換(BRILL75W-90 2L)         ・・・\  7,000
・エアコンフィルタ交換                ・・・\  6,760
・バッテリ交換                      ・・・\32,000
                          値引き
・・・△6,400
・各技術料                  ・・・\  6,000
・合計 \71,129 (消費税、値引きを含む)

バッテリーがなければ4万円台でしたが来年の車検時に費用が
嵩まない様に考えたので仕方ないですね。(^-^;

とにかく近年のアルファは故障知らずで、うちのMiTo 2号は
すこぶる元気です。
今回おりしもフィアット全店でアバルト取り扱いが開始されたので
お世話になっているディーラー店でもすでにアバッルトコーナー
が設けられていました。
Dsc_3023
Dsc_3024
息子も595コンペティツォーネのドライバーズシートでご満悦
Dsc_3028
いやあ、500アバルトもいいなぁ。(*´Д`*)

|

« ル・マン24時間耐久レース2016 GTEクラス | トップページ | ビショーネちゃんを飼増し »

アルファロメオ Alfa Romeo」カテゴリの記事

アルファロメオ ミト Alfa Romeo MiTo」カテゴリの記事

モディファイ/DIY/点検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ル・マン24時間耐久レース2016 GTEクラス | トップページ | ビショーネちゃんを飼増し »