モディファイ/DIY/点検

2016年7月 8日 (金)

アルファロメオ MiTo 2号 4年目の12ヶ月定期点検

いよいよ夏本番の暑さとなって毎日バテぎみ・・・。
皆様においてはいかがお過ごしでしょうか?

そんなおり、いまや日本のザ・スポーツカーとして広く認識されるに
至ったトヨタ86 & スバルBRZが大幅改良され8月から発売との事。
86は何度も試乗させてもらってますが改良なった新型も機会が
あれば試乗したいですね。

改良の細かい内容は置いといて、このニュースで一番自分の興味を
ひいたのは「スポーツカー復権」、「若者に乗ってもらいたい」
「車離れの進む若者に振り向いてもらいたい」といった内容が躍って
いたこと。

自分は小学生のときからスポーツカーに夢中になり実際にずっと
乗り続けていますがそれでもトヨタ等、メーカーの思惑通り若い人
がこぞって買いに走るとは思えません・・・。

今はクルマ以外に夢中になるコンテンツが増えて相対的にクルマの
地位が下がっているし、スポーツカーを楽しむ文化的な面に関して
無関心だった日本のメーカーの責任は重く、下心通りには行かない
だろうと思う。

ヨーロッパでも趣味の多様化で若者のクルマへの関心が薄らいで
いると言うがそれでも動画サイトを見るとスポーツカー、スーパー
カーをカメラやスマホを持って追いかけている光景が多くある。

日本ではクルマやスポーツカーが好きな若者は少ないが確かに
いるし、なんと言っても国産のスポーツカーは価格が手ごろだ。
ことさら数と利益を追うばかりでなく地道に文化的な面をサポート
してクルマ好きの火を絶やさず少しづつ理解を広げる啓蒙を
御願いしたいです。

自分も微力ながらブログでクルマの魅力を訴えます。

さて、先週の土日で MiTo 2号(QVサベルトエディション)を12ヶ月
定期点検に出しました。
Dsc_3030
今回も特に問題箇所は無く、通常メニューに加え長く交換していな
かったトランスミッションオイル及びエアコン用フィルタとバッテリー
の電流・電圧が落ちてきてアイドリングストップ機能がカットされ
始めたので思い切ってバッテリーも交換しました。

バッテリーは経験からまだ半年は持つと確信していましたが弱って
いるのは確かで、万が一出先で突然上がってしまうのもいやかなと
思い購入以来4年での交換となりました。

内容、費用については以下の通り。

・走行距離 36,301km

・12ヶ月法定点検一式及びテスター検診    ・・・\18,000
・グリスやバンドなどのショートパーツ       ・・・\  2,500
・ギヤオイル交換(BRILL75W-90 2L)         ・・・\  7,000
・エアコンフィルタ交換                ・・・\  6,760
・バッテリ交換                      ・・・\32,000
                          値引き
・・・△6,400
・各技術料                  ・・・\  6,000
・合計 \71,129 (消費税、値引きを含む)

バッテリーがなければ4万円台でしたが来年の車検時に費用が
嵩まない様に考えたので仕方ないですね。(^-^;

とにかく近年のアルファは故障知らずで、うちのMiTo 2号は
すこぶる元気です。
今回おりしもフィアット全店でアバルト取り扱いが開始されたので
お世話になっているディーラー店でもすでにアバッルトコーナー
が設けられていました。
Dsc_3023
Dsc_3024
息子も595コンペティツォーネのドライバーズシートでご満悦
Dsc_3028
いやあ、500アバルトもいいなぁ。(*´Д`*)

| | コメント (0)

2015年12月20日 (日)

アルファロメオ4C 初めての12ヶ月点検

早いもので4C納車からあっという間に1年が過ぎました。

ということは4Cにとって初めての12ヶ月点検の時期が
やって来たわけで今回オイル交換も含め無事終わりました。
Dscn2353
内容、費用については以下の通り。

・12ヶ月法定点検一式及びテスター検診    ・・・\39,500
・グリスやバンドなどのショートパーツ       ・・・\ 1,000
・オイル交換(SELENIA SPORT POWER 5L)   ・・・\10,000
・ドレンワッシャー                  ・・・\   200
・その他の点検及びボルト締め付け

・合計 \52,596 (消費税、値引きを含む)

法定点検一式が他のフィアット、アルファロメオ車より割高なのは
4Cが通常のクルマと違ってメンテナンス時にアンダーカウルや
ボンネットパネルなどの脱着工数などが余計にかかる為。

これまで乗り継いで来た5台のフィアット、アルファロメオ車同様
故障、不具合はまったく無く、平穏に1年が過ぎました。
4Cのドライビングも板についてきたのでこれから更に楽しんで
乗っていく所存です。

| | コメント (6)

2015年9月15日 (火)

MiTo 2号タイヤ交換その後

MiTo 2号の限界に来ていたポテンザRE050からP-ZERO NERO
に交換して少し距離経てトレッド面の皮むきも進み変化を感じ
たので報告する。

当初のRE050の印象と比べ、突き上げ感や振動がまろやかで、
通常の速度域での剛性感はRE050と変わらない反面、若干
シャープさが劣る感じがするのと路面との走行音が若干大きく
感じられるという交換直後の印象だったが、新品時のヒゲ
(スピュー?)もなくなってきた時点で路面との摩擦音が落ち着き
RE050同等となった。

トレッド面もなじみRE050比で軽快なハンドリングと路面の情報を
しっかり伝えてくるが当たりの丸い印象。
シャープさとグリップの印象はポテンザRE050に若干ゆずる感じは
変わらず。

逆に濡れた路面での安心感はP-ZERO NEROが勝るだろう。

| | コメント (0)

2015年9月12日 (土)

MiTo 2号 のタイヤ交換

本日MiTo 2号(QV サベルト・エディション)初めてのタイヤ交換を
行いました。

交換前のブリジストン・ポテンザRE050の状態
(新車時からの装着で3年2ヶ月、約29,500km走行)
Dscn3344
今日最終的に確認したら上の写真より更につるつるになっていて
もう溝はほとんど無くなりトレッド面のコンパウンドもカチカチで
部分的には剥離も起こしてきていました。

まぁ、限界まで使ったと思います。
実はもう少し長く使えるのではと思ってましたが持ちませんでした。

このポテンザRE050はグリップは良く、シャープなハンドリングを
もたらしてくれましたが引き換えに路面からの入力直後の突き上
げや、極短い周波数の振動がダイレクトに伝わる性格がMiToの
セッティングに若干マッチングが良くないと感じていて今回は別
ブランドのチョイスとなりました。

新しく入れ替えたピレリ・P-ZERO NERO
Dsc_0813
このタイヤもRE050同様ハイグリップ系のスポーツタイプで
サイドウォールが硬いほうですが、ショルダーが角張ったRE050と
違い丸みのあるショルダー形状となっており多少の突き上げ軽減
を期待。

まだ短距離でのインプレッションだが記憶にある当初のRE050の
印象と比べると、まず期待通り突き上げ感や振動の当たりが
まろやかになり、跳ねる感じも抑えられている。
タイヤ自体の剛性感はRE050と変わらない感じだ。
反面、若干シャープさが劣る感じがするのと路面との走行音が
これも若干大きく感じられる。

(後日、新品時のヒゲ(スピュー?)もなくなってきた時点で路面
との摩擦音が落ち着きRE050同等となった。トレッド面もなじみ
軽快なハンドリングと当たりの丸い印象だ。)

できればRE050よりも長く持ってくれる事を期待しつつ、これから
距離が伸びてトレッド面がなじんで来たときどう変化するか気に
しながら走ろうと思っている。

今回タイヤ交換にかかった費用
ピレリ P-ZERO NERO 215/45R/18 ・・・ 1本 16,600円
                          合計 66,400円

交換工賃(持ち込み) ・・・・・・・・・・・・・・ 4本 10,800円

持ち込み料        ・・・・・・・・・・・・・・     5,000円
総費用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 合計 82,200円

ショールームには500の120台限定車ビンテージが展示してあった。
FIAT 500 VINTAGE
Dsc_0812
Dsc_0809
ミントブルー?なボディカラーにルーフがホワイト、これまた
特徴的なレトロデザインのホワイトホイール、前後とホイール
のエンブレムは古いFIATエンブレムのロゴとなっています。
これも街中では目立つでしょうね。

| | コメント (0)

2015年9月10日 (木)

タイヤが届きました。

Dscn3374
7月の我が MiTo 2号(QV サベルト・エディション)の車検時に課題として
残っていたバッテリーとタイヤの内、もはや限界状態のタイヤを
交換すべく発注してあったP-ZERO NEROが届きました。

新車購入時に装着されていたポテンザRE050はグリップは良いの
ですが、少々気に入りませんで今回はP-ZERO NEROをチョイス。

過去に使った経験からもアルファには相性が良いはず。
他の予定次第ですが一応、交換は今週末を予定しているので
またブログ上で報告します。

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

アルファロメオ4C ボディサイドにチェントロ スティーレエンブレムを着ける

Dscn3366
8C純正装着のチェントロ スティーレ・アルファロメオの
エンブレムを装着した。

エンブレムのアップ
Dscn3363
Dscn3362

全景はこんな感じでさりげないワンポイントが気にっている。
Dscn3368
Dscn3359
ちょっとカバー被ってたり背景がイマイチだったりしてますが。(汗)
雨模様の中、短いチャンスを見計らっての作業、許してください。

このエンブレムや納車直後に付けたサイドウィンド後ろのクワドリ
フォリオ装着は4Cでは自分が最初でしょう。

チェントロ スティーレ・アルファロメオ(アルファロメオ・スタイル
センター)は最近フィアット、ランチア、マセラティ共々統合した
チェントロ スティーレとして再出発していますが、その精神と
伝統は継承されていきます。
そのスピリットを籠めての装着です。

| | コメント (2)

2015年7月 4日 (土)

MiTo 2号(QV サベルト・リミテッド・エディション)が車検から帰ってきました。

MiTo 2号が初車検から戻ってきました。
MiTo 1号のイモラから乗り換えてもう3年が経ったのですね。
Dscn3293
参考までに今回の車検にかかった費用は、

(走行距離:27,622km)
・24ヶ月定期点検基本工賃
・車検に必要な保安基準適合検査
・エンジン/下廻りスチーム洗浄
・グリス/オイル/発炎筒
・クーラント(WAKO'S)
・ブレーキ清掃及びタイヤローテーション
・前後ワイパーブレードの交換

上記が 66,950円
消費税  5,356円

それと下記の車検に必要な諸費用

・重量税印紙代    24,600円
・自賠責保険料    27,840円
・印紙代         1,100円
・車検時手続き費用 13,600円
・消費税         1,088円
合計 140,534円 でした。

この後、直近の課題はすでに3年が過ぎたバッテリーと
もう限界に近いタイヤ(ポテンザRE050)の交換ですねー。

どちらも大きな出費となるので慎重に時期を見計らっての
実行となるでしょう。
交換したときはまたエントリーに載せたいと思います。

とにかく今まで乗り継いできた4台のフィアット・アルファロメオ
同様故障知らずで手がかからない我がMiTo 2号です。
不安な箇所もまったく無く、きちんと点検整備を行っていけば
この先も絶好調で走ってくれるでしょう。

| | コメント (2)

2015年5月 5日 (火)

アルファロメオ 4C 初回定期点検

4Cが初回定期(1500Km)点検から戻ってきました。
Dscn2558
(写真はお世話になっているディーラーの改装オープン時のもの)

内容は規定の点検メニューとオイル&OILフィルター交換です。

ちなみに4Cはアルファロメオ・イージーケア・メンテナンスプロ
グラムが付きません。(涙)

走行距離 : 13,47Km
オイル : SELENIA SPORT POWER

4Cのエンジンオイルフィルターはジュリエッタの物とは異なる
取り付け、異なるフィルターを使っていてカートリッジ交換は
できず、ケースごとの交換となるので少々高くつきます。

エンジンオイルフィルター単価 : 5,500円

今回はオイルとフィルターの交換で税込み合計11,686円でした。
(オイル半額券使用)

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

アルファロメオ MiTo 2号 12ヶ月(24ヶ月)点検

先の日曜日は我が MiTo 2号(サベルト リミテッド エディション)の
2回目の12ヶ月点検(購入から24ヶ月)でした。

2年での総走行距離は19,304km、その間の不具合や故障は
一切無く快調に走っています。
前のMiTo 1号(イモラ リミテッド エディション)も不具合などは
皆無でした。

購入時にイージーケアを付けているので今回も一年前と同様
点検時の出費はありません。
(※イージーケアは購入時に一括して車検時までの点検サービス
の費用を割安にて支払っておくシステム)

内容は
法定点検一式、クリーナーを使用したブレーキの清掃
エンジンオイル及びオイルフィルターの交換
ブレーキフルードの交換、エアコンフィルターの交換
ショートパーツ類となっています。
フィアットはプント、500SS1.2ラウンジ、500SS1.4ラウンジ
アルファロメオは、MiToイモラエディション、MiToサベルト
エディションと乗り継いできてますがすべてが故障知らず
で気持ちよく走れて来れました。

ディーラースタッフの皆さん、これからも宜しく御願いします。

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

ミト アルファロメオロゴバッヂ & クアドリフォリオバッヂ

ドレスアップネタの続き。

ナビシート前方のダッシュボードにアルミ製のアルファロメオ
ロゴとクワドリフォリオのバッヂをあしらっています。

50
両方とも金属なので質感、素材感はとても良いです。
ダッシュが曲面なので取り付けるのが面倒ですが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧